ワークアウト

運動が苦手でも大丈夫!ボルダリングのススメ!

ボルダリングの魅力を紹介!

「ボルダリング」の魅力を紹介します。
私は、8年間クライミングを趣味として続けておりましたが、
ボルダリングジムに通い始めたのがキッカケです。

本日は、手軽に始めることの出来るボルダリングの魅力を紹介します。

ボルダリングの魅力① 普段と違う友人が出来る

「ボルダリングを始めたい」と思ったら、
インドアのボルダリングジムに通うことからボルダリングを始めることになると思います。
最寄りのジムを探してみましょう。
入会手続きを行い、インストラクチャーのレクチャーを受けたら、すぐに始めることが出来ます。

「課題」と呼ばれる、色やテープのついたルートを登ることになりますが、
しばらく続けていると、同じ課題を登る人が現れます。
そのなかで、「この課題難しいですよね~。」といったような会話がうまれます。

ボルダリング中は基本的には休んで座っている時間の方が長いです。
登る時間より、休憩している時間の方が多いので、休憩中に話が弾んでいきます。

このように会話が生まれやすくなるため、
一つの課題を登りきる頃には、随分と仲良くなっていることがあります。

また、同じ課題を登る人たちは、同じくらいのスピードで上達しますので、
同じ課題にトライする機会が多くなってくるでしょう。

会話もうまれやすく、数ヵ月もすれば、
そのままジム終わりに飲みに行くほど仲良くなるケースも多々あります。

こうして、さまざまな人と仲良くなる機会が多いのがボルダリングの魅力です。

また、ジムに通っている人々は、
働いている業界も違えば、年齢も違うため、
普段とは違う価値観や考え方を学ぶことも出来ます。

ある程度上達すると、外の岩場に通うことになることもあります。
その場合、全く違う県の方と、同じ課題をトライする中で、交友関係が生まれることもあります。

こういった交友関係を増やしやすいのがボルダリングの魅力の一つです。

ボルダリングの魅力② 達成感が心地よい

ボルダリングは「課題」を登っていくスポーツです。
課題には難易度があります。

最初は全く登れない課題も、不思議なことに、自然と登れるように上達していきます。
「わたしってこんなことが出来るんだ!」といったような、新しい発見を感じることが出来ます。

登れなかった課題が登れたときの達成感を味わうと、どんどんとハマっていくことでしょう。
特に一生懸命取り組んだ課題を登れた日には、かけがえのない達成感を味わうことが出来ます。

ある程度打ち込んでいると、その姿をほかの方も目にしていることでしょう。
見ず知らずの人からも、拍手やグータッチを求められることがあります。
そのときは、グータッチしましょう!

ボルダリングの魅力③ 自分のペースで楽しめる

ボルダリングは、究極的には「課題vs自分」のスポーツです。
誰かにあわせる必要はありません。

自分の行きたい時にジムに行き、自分のペースで課題を登ることが出来ます。

このように自分のペースで取り組めることが大きな魅力の一つです。

一人静かに、課題と向き合っていると、
自分と対話をしているかのような感覚になり、気持ちをリフレッシュさせることが出来ます。

そのような自分自身に向き合える時間を作ることが出来るのも魅力の一つです。

ボルダリングをやってみよう!

本日はボルダリングの魅力を3点あげてみました。

このほかにも沢山の魅力がある、素敵なスポーツです。

私もクライミングから離れて6年程立ちますが、
かけがえのない友人が出来たこと、
熱い達成感、
自分のペースで自分と向き合った時間、全てが私の財産になっております。

そんな素敵なボルダリング、始めてみてはいかがでしょうか?